南国のマリア

政権が混乱する南国の新興国アルメシアに住む「聖母」と呼ばれた女性の物語です。人形劇でお送りします。

本編は始まりましたが、まだ準備できていないものもあります。主要人物の衣装を揃えなければ!エヴァのボディを変えたので、衣装が合わなくなってしまいました。というわけで、衣装待ちのエヴァさんは、1/6ドール者ならおなじみの、包帯ドレスになっています。豊満なボディに ...

黒いボディにヘッドがつきました。ハリウッドスターのウィル・ス○スにそっくりですが、他に黒人ヘッドがなかったので、これにしました。どう考えても、黒人ヘッドのための素体でしたね。こうしてホセのボディを手に入れるために迷走した結果、二人のキャラクターが生まれま ...

本編第一回、お楽しみいただけたでしょうか? アクションフィギュアで人形劇を作るのは初めてなので、なかなか撮り慣れないことが多く、人形の表情変化が難しかったです。マリアは本当に私の好みの顔をしているのですが、カメラを向けると、びっくりしたような顔をしてしま ...

今日の登場人物紹介は、ホセです。ホセは大学で文学を学ぶ青年ですが、ルイスの会合に出かけてルイスに惹かれ、行動を共にするようになりました。子だくさんの家庭の長男として育ち、早いうちから自立したいと考えるようになりました。文章能力には自信があり、国を憂うる文 ...

今回の登場人物紹介は、ルイス・トッドです。ルイスは罪の町と呼ばれる、アルメシアでも物騒な場所で育ちました。貧乏な中で、悪の道に進んだりせず、どうすればアルメシアの国民すべてが幸せになれるのかを真剣に考えながら成長していきます。生まれ持ったカリスマ性に惹か ...

ここらへんで少しずつ、登場人物の紹介をしていきたいと思います。まずは主人公のマリアです。マリアは南米の新興国アルメシアで、石鹸工場を経営しているヒューズ家のお嬢様です。幼い頃から美貌で有名で、ラファエロが描く聖母マリアのようだと言われながら育ちます。政情 ...

ルイスのヘッドを首無しのボディに装着してみました。(下半身まだ裸なので、上半身だけの撮影です)顔と少し肌色に差がありますが、許容範囲です。人形劇はドールがいかに表情豊かなものにできるかが重要です。首をちょっと曲げるだけで伏し目がちになったり、愉快そうな顔 ...

↑このページのトップヘ